沿革About SSJ

1880(明治13)年 「日本地震学会」が創設される
  • 世界最初の地震学会
  • 1881年12月の会員数は117名。そのうち日本人37名、在外会員18名、残りの62名は日本に在住する外国人。
1892(明治25)年 「日本地震学会」が創設される
  • 解散後の活動は、同年6月に発足した震災予防調査会などに引き継がれる。
1929(昭和4)年1月 「地震学会」が新たに創立される
1943(昭和18)年~
1947(昭和22)年
活動休止
1948(昭和23)年1月 活動再開
1993(平成5)年4月 「日本地震学会」と改称
2000(平成12)年12月 社団法人として認定される
2010(平成22)年12月 公益社団法人として認定される
  • 地震学のほか、固体惑星地球物理学、地震工学、その他の周辺分野の研究者・教育者・技術者など2,000名を超える会員(2010年12月1日現在、名誉会員16名、正会員2,030名、賛助会員57団体)からなる学会へと発展。
ページ最上部へ