2017年度Awards

受賞者:新井 隆太

受賞対象研究

地震波構造探査に基づくプレート境界域の地震学的構造と地殻活動の解明

受賞理由

 受賞者は、地震波構造探査のデータ解析に基づいて、沈み込み帯・衝突帯から拡大系に至る多様なテクトニクスを対象とし、それらの地震学的構造の詳細を明らかにすることで、地質学的時間スケールでの地殻・マントルの進化過程の解明に寄与するとともに、岩石学データから指摘されていたスラブ流体の役割に地震学的証拠を与え、さらには、プレート境界でのゆっくり地震活動と地震学的構造の関係を示すなど、プレート境界域での幅広い時間スケールの地殻活動の理解を深める業績を挙げてきた。また、大西洋中央海嶺をはじめ、国内外で数多くの機動的地震観測のデータ取得・解析に貢献すると同時に、その成果を着実に論文として公表し、さらに現在もヒクランギ沈み込み帯での国際プロジェクトにおいて中心的な役割を担うなど、今後、我が国の地震学的構造研究の中核を担うとともに、国際共同研究を主導していくことが期待される。主な研究業績として、以下のものが挙げられる。

 伊豆衝突帯での屈折法データの解析から、伊豆小笠原弧起源の地殻の多重衝突構造と各衝突様式の特徴を明らかにするとともに、衝突帯内に露出する深成岩帯の深部イメージングによって、その成因が伊豆小笠原弧地殻の溶融であるという地震学的証拠を示した。またラウ背弧海盆での海底地震探査データを用いた研究では、背弧拡大軸が火山弧に近づいてくると、拡大軸付近の地殻は一般的な海洋性地殻よりも島弧地殻に近い地震学的特徴を示すことを明らかにし、岩石学的に指摘されていたスラブ流体の地殻形成への影響の地震学的な証拠をはじめて与えた。さらに、琉球海溝南部での反射法・屈折法探査データの解析から、1771年八重山地震の巨大津波波源域とされる沈み込み帯浅部に、プレート境界と分岐断層に挟まれた低速度ウェッジが存在し、プレート境界に沿った流体の存在を示唆する極性反転した反射面の断続的分布を示すとともに、海底地震観測データにもとづく低速度ウェッジ下端から深部SSE発生域の間での低周波地震発生と合わせて、地震発生帯の固着域が通常よりも狭い領域に限られることを示唆するモデルを提示した。

 受賞者の詳細な地震学的構造研究の成果は、従来の分野を超えた波及効果を見せている。具体的には、沖縄トラフ南部の研究で、1924年に噴火したとされる西表島北北東海底火山の直下にマグマだまりの証拠を発見したが、この論文で示されたリフト軸部のマグマ貫入構造を元に、海底での現地調査が実施され、新たに熱水噴出孔が発見されるに至った。

 以上の理由から、受賞者の優れた業績を認め、その将来的な活躍も期待し、日本地震学会若手学術奨励賞を授賞する。

受賞者:仲田 典弘

受賞対象研究

地震波干渉法による構造の時間変化の検出と高分解能構造イメージング

受賞理由

 受賞者は、地震計で記録された雑微動等から観測点間を伝わる波を抽出し地震波速度等の構造推定を行う地震波干渉法を研究の基軸として、実データへの応用や理論的解釈に関する様々な研究を推進し、地震学・物理探査学から建築学といった広範な分野をまたぐ多様な業績を挙げてきた。また、国内外の会議等での多くの招待講演や国際サマースクールの講師を務めるなど、当該研究分野を代表する若手研究者として国際的に活躍している。主な研究業績として、以下のものが挙げられる。

 2011年東北地方太平洋沖地震によって東日本の広域で生じた浅部地下構造(地表から数百メートル)の時間変化を調べ、地震後の急速な速度低下とその後の対数関数的回復を発見し、その成因を明らかにした。また、日本列島全域の長期観測記録の解析から、大地震後の地震波速度の低下や、降雨量の多い時期に間隙流体圧上昇に伴うと考えられるS波速度の低下を発見した。さらに南カリフォルニアに展開された大規模地表アレイの雑微動記録から実体波の抽出に成功し、雑微動に基づく3次元P波速度構造を初めて推定した。地表アレイを用いた従来の地震波干渉法では振幅の大きい表面波しか抽出されず、それを用いたトモグラフィー研究では空間解像度に限界があった。受賞者の一連の研究は、従来の手法では困難であった高い空間解像度での時間変化も含めた地下構造モニタリングにつながる上、人工ノイズが多く探査の進んでいない都市部における高空間分解能な地下構造推定が可能となることも期待できる。

 受賞者が進めてきた地震波干渉法の適用は地震学の範疇だけに留まらない。例えば、構造物内部を伝わる波を抽出する研究も行い、大地震によって損傷を受けた建物の利用可能性を判断する健全性評価の手法として、建築学分野への貢献も期待される。このような研究は、地震学とそれに関連する周辺分野との連携推進にも寄与し得るものといえる。

 以上の理由から受賞者の優れた業績を認め、その将来性を期待し、日本地震学会若手学術奨励賞を授賞する。

受賞者:徐 世慶(Xu, Shiqing)

受賞対象研究

モデリング・理論・室内実験による地震の物理の総合的理解に向けた学際的研究

受賞理由

 受賞者は、地震破壊における断層帯のミクロな素過程やマクロな断層形状といった様々な物理特性について、理論的・数値的研究と室内実験的な研究を行い有機的に組み合わせ、理論モデルと観測可能量や実験記録とを結びつけることで、地震発生現象の総合的理解につながる多彩な業績を上げてきた。米国での学位取得後に来日して以来、防災科学技術研究所において大型岩石実験装置の運用とそれを用いた研究に携わっており、さらにアメリカ地球物理学連合での主コンビナーやTectonophysics誌特集号の主編集者を務めるなど、その活躍は国際的に幅広く、研究コミュニティーへの貢献も大きい。主な研究業績として、以下のものが挙げられる。

 地震時の動的破壊とミクロな断層破砕帯の非弾性変形の相互作用を考慮した物理モデルを構築し、系統的な数値解析を行うことで、様々な観測可能量と非弾性変形間のスケーリング則などを示すことに成功し、波形に含まれる情報などにより破砕帯の非弾性変形の特性を推定できる可能性を示した。また、従来の損傷レオロジー理論を弾性定数が時間変化可能となるように拡張し、地震波の放射パターンに含まれるシグナル等を再現できることを示した。さらに、プレート境界地震のマクロな動的破壊シミュレーションを行い、シンプルなクラックモデルにより2010年チリ地震や2011年東北地方太平洋沖地震の余震活動などをよく説明できることを示した。

 受賞者は、理論分野から室内実験の分野に大きく研究対象を広げていることに特徴がある。自ら、メーター級の大型試料を用いた室内実験を様々な条件で多数回行うことで、従来の小型試料を用いた実験での結果とは異なり、試料に加える歪み速度が大きなほど不安定滑りが促進されることを発見した。また、その破壊力学の知識に基づき、高い歪み速度によって破壊前に接触部における非弾性的な応力緩和過程が抑制されることがその原因である可能性を指摘した。

 以上のように、受賞者は理論と実験を横断した優れた学際的研究で地震学を発展させる顕著な業績を挙げたと認め、将来的な活躍も期待し、日本地震学会若手学術奨励賞を授賞する。

ページ最上部へ