著作権規定Rules

第1条 この規定は、公益社団法人日本地震学会(以下「学会」という。)が発行する出版物に掲載された論文、記事等の著作物(以下「著作物」という。)の著作権について規定するものである。

第2条 学会が発行する出版物に掲載された著作物の著作権(著作財産権、copyright)は、特別の断りがない限り、学会に帰属する。

第3条 1999年4月1日よりも前の期間に発行された「地震」に掲載された論文の著作権は著者に帰属するが、著者は、次の3項について本会に承認を与えるものとする。
 (1)学術目的のため、該当する論文の全部または一部を複製し、公衆送信すること。
 (2)学術目的のため、第三者に上記と同様の権利を行使させること。
 (3)上記の行為により収入がある場合は、この収入を本会の運営費用に充てること。
ただし、上記について承認しない旨申し出があった論文については、これを適用しない。

第4条 著作物の一部あるいは全部を複写、引用、転載する場合は、第5条及び第6条に定める場合を除いて、事前に学会の許可を得るものとする。

第5条 著作物の一部を研究、教育、普及等の非営利目的のために複写、引用、転載する場合には、学会の許可を必要としない。ただし、その場合には、当該著作物の出典を明示しなければならない。

第6条 著者が、研究、教育、普及等の非営利目的で著作物の一部あるいは全部を複写、引用、転載する場合には、これを妨げない。

第7条 著作権の行使にあたっては、学会は、著作者人格権に十分留意するものとする。

第8条 この規定を改廃する場合は、理事会の承認を得て行うものとする。

附則
この規定は、1999年4月1日から施行し、2007年9月14日から適用する。

ページ最上部へ