FAQ 2-26. 活断層で起こる大地震の予測精度(2015年9月修正)FAQ

質問

活断層で起こる大地震を、南海トラフの巨大地震のような精度で予測することができますか?

回答

活断層で起こる大地震については、南海トラフの巨大地震のような精度で予測することはできません。以下に理由を述べます。

一般的に地震の長期予測は、過去の地震発生履歴から推定します。その際、最も頼りになるのは、日本における1300年程度の古文書の記録です。南海トラフの巨大地震(過去の東海・東南海・南海地震)のような海溝型地震の場合は、100-200年に1回くらいの頻度で発生するので、古文書に数回の記録が残り、予測精度は高くなりますが内陸地震の場合の再来間隔は1000年以上になることが多いので古文書の記録では1回載るかどうかです。この場合、地質調査によるデータも用いますが、古文書ほど時間の精度は高くありません。したがって、予測精度はどうしても悪くなります。

補足

地震の長期予測については、地震調査研究推進本部の長期評価のページをご覧ください。

ページ最上部へ