2016年度 日本地震学会学生優秀発表賞 選考結果報告Awards

2016年11月7日

公益社団法人日本地震学会 理事会

日本地震学会2016年度秋季大会において, 2016年度日本地震学会学生優秀発表賞選考委員会が組織され,のべ73件の研究発表を対象に学生優秀発表賞の選考を行いました.厳正な審査・選考が行われた結果,同委員会より8 名の受賞候補者の推薦を受け,理事会において,2016年度日本地震学会学生優秀発表賞8名を下記の通り決定しました.

氏名(五十音順) 所属(学年)
「発表タイトル」
奥田 貴 東京大学大学院理学系研究科(修士課程1年)
「東日本の中規模繰り返し地震の震源再決定」
木村 将也 東京大学大学院理学系研究科(修士課程1年)
「重力で地震発生を捉える(3) ―重力変化と重力勾配変化の理論記象のモーメントテンソル表現―」
日下部 哲也 東京大学大学院理学系研究科(博士課程3年)
「2次元動的破壊問題で必要となるXBIEM核関数の全導出」
小松 正直 岡山大学大学院自然科学研究科(博士課程3年)
「2016年熊本地震震源域周辺の三次元地震波減衰構造」
土田 真愛 愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター(修士課程1年)
「2次元円環状モデルを用いたスラブの挙動・形態に関する数値シミュレーション」
土野池 直哉 大阪大学大学院理学研究科(修士課程2年)
「地震時の断層における焼結現象およびその実験的再現」
松澤 仁志 北海道大学大学院理学院(修士課程1年)
「アレイ解析によるマルチモード表面波の位相速度計測」
矢部 優 東京大学大学院理学系研究科(博士課程3年)
「不均質線断層の滑り挙動遷移」

日本地震学会学生優秀発表賞 選考結果報告

日本地震学会学生優秀発表賞選考委員会

 日本地震学会2016年秋季大会において学生優秀発表賞の選考を行った.審査対象は,学生会費が適用され,所定の手続きにより審査対象になることを希望し,当日発表を行い,かつ以前に本賞を受賞していない会員による,のべ73件の発表である.選考委員会による審査の結果,下記8名の学生を第7回日本地震学会学生優秀発表賞の受賞候補とすることを決定した.本報告の結果は,理事会の承認をもって受賞決定とする.

審査・選考方法について

 各発表に対して3名の選考委員が,すでに公表されているガイドラインに従って評価を行った.選考委員は27名であり,同じ所属機関の学生,共著者となっている学生の発表を審査しないこととし,各委員は8件程度の審査を担当した.それらの審査結果に基づき,口頭発表とポスター発表のそれぞれについて1割程度となる,上位4名を受賞候補者とした.

平成28年度 日本地震学会学生優秀発表賞選考委員会 審査委員(五十音順)

西田究(委員長),青柳恭平,伊藤武男,伊藤喜宏,岩田知孝,内出 崇彦,大久保慎人,加藤愛太郎,亀伸樹,河合研志,久家慶子,小林励司,高橋浩晃,田所敬一,津野靖士,道家涼介,利根川貴志 ,行谷佑一,西村太志,馬場 俊孝,日野亮太,干場充之,松澤孝紀,宮澤理稔,山田卓司,山田真澄,吉見雅行


ページ最上部へ